mSATA SSD のサイズの違い

mSATA SSD のサイズには、ハーフサイズとフルサイズがある

mSATA SSD には、ハーフサイズの mSATA SSD とフルサイズの mSATA SSD があります。

名前の通りハーフサイズの mSATA SSD は、フルサイズの mSATA SSD の半分くらいの大きさです。

mSATA SSD のサイズは、フルサイズが主流であり、ハーフサイズは少ないため、仕様にサイズについて記載されていない場合が多いです。仕様にサイズについて記載されていなかったら、フルサイズである可能性が高いです。

mSATA SSD の搭載には Mini Serial ATA 接続端子が使われますが、Mini Serial ATA 接続端子はフルサイズ対応が主流です。

Mini Serial ATA 接続端子がフルサイズに対応していれば、フルサイズの mSATA SSD もハーフサイズの mSATA SSD も搭載できます。ただし、ハーフサイズの mSATA SSD を搭載するためには、ハーフサイズからフルサイズへ変換するアダプタが必要です。

もしハーフサイズ対応の Mini Serial ATA 接続端子に mSATA SSD を搭載したい場合は、フルサイズの mSATA SSD は搭載できませんので、ハーフサイズの mSATA SSD を選ぶ必要があります。

Mini Serial ATA
接続端子
搭載可能な mSATA SSD のサイズ
ハーフサイズ対応 ・ハーフサイズの mSATA SSD
フルサイズ対応 ・ハーフサイズの mSATA SSD(※)
・フルサイズの mSATA SSD
(※)ハーフサイズからフルサイズへ変換するアダプタが必要

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2015/02/20 更新