信頼性が高いサーバー用 HDD を搭載したパソコン

サーバー用 HDD のメリット

サーバーには、パソコンと同様に HDD (ハードディスクドライブ)が使われています。両者に使われている HDD は、データの保存に使われるという事に変わりはありませんが、サーバーに使われている HDD は、品質重視で信頼性が高いという特徴を持っています。そのため、パソコンに使われる HDD より価格が高いです。

しかし、価格が高い分、その価値は高く、特に故障しにくく、長持ちするというメリットがあります。サーバーは、24時間稼動が当たり前で、故障によるデータの損失を限りなく抑えなければなりませんので、故障しにくく、長持ちするサーバー用 HDD が必須となっています。そのため、サーバー用 HDD は、品質検査が厳しく、温度や振動によるトラブルを極力抑える技術が導入されていたり、パソコン用 HDD とは、設計から異なる場合もあります。

パソコン用 HDD でも、十分信頼性が高いので、高いコストを支払ってまでサーバー用 HDD を導入する必要性は高くはありませんが、故障によるデータ損失のリスクを少しでも抑えたい方や、信頼性の高い HDD が搭載されたパソコンを使うという安心感を得たい方は、サーバー用 HDD の利用を検討してみると良いでしょう。

サーバー用 HDD 搭載可能モデルは、多くはない

サーバー用 HDD は、パソコン用 HDD と同じサイズで、接続方式が同じであれば、パソコンにも搭載できます。

信頼性が高いパソコンが欲しいのであれば、サーバー用 HDD を搭載したモデルを選べば良いのですが、サーバー用 HDD を搭載したモデルは、個人向けサーバーモデルやワークステーションに多く、一般的なモデルには、あまり搭載される事はありません。

BTO でサーバー用 HDD に変更する事が可能な場合がありますが、パソコンメーカーでは、サーバー用 HDD を用意していない場合が多いです。ショップブランドを販売しているパソコンショップでは、サーバー用 HDD への変更が可能な場合が多いですので、サーバー用 HDD 搭載モデルが欲しければ、ショップブランドの選択を検討するのがおすすめです。

ただし、サーバー用 HDD を搭載しているとは、たいてい書かれていないので、信頼性が高い HDD を搭載しているのかどうか、自分で確認する必要があります。サーバー用に使われているような HDD を搭載している、または BTO でその HDD へ変更できる場合、その HDD は 1 GB あたりの価格が高く、HDD のメーカー名や型番が書かれている事が多いので、これらの点を抑えれば、信頼性の高い HDD を搭載しているのか判断できます。具体的にどのメーカーのどの型番なのかわかれば、インターネットで HDD について詳細な情報が調べられますので、HDD のメーカー名や型番を抑える事は重要です。

HDD 単体で購入する場合は、PC パーツを豊富に扱っているパソコンショップであれば、販売している事が多いので、そのようなパソコンショップで購入するのがおすすめです。

サーバー用 HDD を購入するときは、接続方式の確認を

サーバー用 HDD を単体で購入するときは、HDD の接続方式について十分注意する必要があります。サーバー用 HDD は、SCSI (スカジー)と呼ばれる接続方式の場合が結構多く、パソコンには SCSI が無いモデルが多いです。

パソコンは、Ultra ATA や Serial ATA で HDD を接続する事が多いので、自分のパソコンの接続方式を調べ、それに合わせてサーバー用 HDD を選ぶ必要があります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2014/10/08 更新