HDDに磁石を近づけてはいけない理由

HDD に磁石を近づけると、データが壊れてしまう

HDD 内部には磁性体があり、磁性体にデータを記録します。

HDD 内部には磁気ヘッドと呼ばれる部品があり、磁気ヘッドは磁界を発生させて、磁性体の磁化の向き(N極の向き、S極の向き)を変化させ、データを記録します。

磁石の周りにも磁界が発生していますが、HDD に磁石を近づけてしまうと、磁石から発生した磁界により、磁性体の磁化の向きが変わってしまいます。

つまり、HDD に記録されているデータが壊れてしまいます。強力な磁石でなければ、近づけても磁性体の磁化の向きは変わらない、すなわちデータが壊れません。

例えば、マグネットシートやマグネットクリップ等、家庭で使われるような簡単にはがせる磁石であれば、HDD に近づけても大丈夫です。

もし簡単にはがせないような強力な磁石を持っているなら、HDD に近づけないよう注意が必要です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2017/04/05 更新