HDD の 2TB の壁とは

2TB までしか使えないのか、2TB 以上使えるのか

HDD の大容量化が進み、容量が 2TB を超えた 3TB 等の HDD が登場し始めると、2TB の壁という言葉がよく聞かれるようになりました。

パソコンでは、OS によって使える容量の上限があり、その容量が 2TB です。パソコンに 2TB 以上の HDD を搭載しても、OS によって 2TB までしか使えないのか、2TB 以上使えるのかどうか決まってきますので、2TB の壁と呼ばれます。

パソコンでは、HDD を起動ディスクとして使うか、データディスクとして使うかに分かれますが、起動ディスクとデータディスクでは、2TB の壁が発生する条件が異なります。

起動ディスクとは、OS をインストールして使う HDD であり、データの保存にも使えます。データディスクは、データ保存のみに使う HDD です。

通常のパソコンでは、1台のみ HDD があるなら起動ディスクのみ、2台以上 HDD があるなら1台は起動ディスク、他はデータディスクとなります。

HDD を起動ディスクとして使う場合

HDD を起動ディスクとして使う場合、2TB 以上の容量を使えるようになったのは、Windows Vista SP1(Service Pack 1)の 64bit 版からです。Windows Vista の 32bit 版では、2TB 以上の容量は使えません。

Windows Vista の後継である Windows 7 でも、64bit版のみ 2TB 以上の容量を使えます。

また、HDD を起動ディスクとして使う場合、2TB 以上の容量を使うためには、OS だけではなくマザーボードも 2TB 以上の容量に対応している必要があります。

HDD をデータディスクとして使う場合は、マザーボードも 2TB 以上の容量に対応している必要はありません。HDD を起動ディスクとして使う場合のみ、マザーボードも 2TB の壁に関係してきます。

HDD をデータディスクとして使う場合

HDD をデータディスクとして使う場合、2TB 以上の容量を使えるようになったのは、Windows XP の 64bit 版からです。Windows XP の 32bit 版では、2TB 以上の容量は使えません。

Windows XP の後継である Windows Vista から、32bit 版でも 2TB 以上の容量を使えるようになっています。

    起動ディスク データディスク
Windows XP 32bit × ×
64bit ×
Windows Vista 32bit ×
64bit ○(※1)(※2)
Windows 7 32bit ×
64bit ○(※2)
○:2TB 以上使える、×:2TB 以上使えない
(※1)Service Pack 1 以降
(※2)マザーボードも 2TB 以上の容量に対応している必要あり

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「クリアランスセール」を実施中です。人気のプレミアムノートPCが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「大特価市」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(5月31日迄)


2015/07/07 更新