DVI と HDMI の違い

HDMI は、DVI を基にして開発されたインターフェース規格

DVI は、Digital Visula Interface の略であり、パソコンと液晶モニター等を接続するために使用されるインターフェース規格です。映像データをアナログ信号に変換せずにデジタル信号で送れるため、アナログ信号に変換する事で生じる画質の劣化がありません。

HDMI は、High Definition Multimedia Interface の略であり、DVI を基に開発されたインターフェース規格です。映像データだけでなく、音声データや制御用データもデジタル信号で送れます。

以下は、DVI と HDMI の主な違いです。特に気になるのは画質に差が出るかどうかと思われますが、理論上では画質に差は出ません。ただし、どちらの端子にも言える事ですが、端子を搭載するハードウェアや接続ケーブルの品質が悪いと、ノイズ等の影響を受け画質が劣化する場合があります。

音声データ

HDMI では、映像データと音声データを1本のケーブルで送信できますが、DVI では映像データのみとなります。そのため、DVI で映像データを出力し、音声データも出力したい場合はヘッドフォン出力端子やライン出力端子等の音声出力端子を使用する必要があります。

HDCP

HDCP は、High bandwidth Digital Content Protection の略であり、デジタル信号を暗号化して映像コンテンツが不正にコピーされるのを防止する著作権保護技術です。

HDMI では HDCP に対応していますが、DVI では製品によって HDCP に対応している場合と対応していない場合があります。そのため、HDCP に対応しているDVI 端子を持つ製品を選ぶ場合は、HDCP に対応しているか仕様等を見て確認する必要があります。

ライセンス料

HDMI 端子を持つ製品や HDMI ケーブルを生産するには、HDMI のライセンス供与を行う団体にライセンス料を支払う必要があります。このライセンス料が製造コストに影響してくるため、なかなか HDMI 端子を搭載する製品が普及しない要因となりました。

今では、HDMI 端子が普及しましたが、HDMI ケーブルは他の規格のケーブルと比べて高いといったライセンス料の影響が今でも見られます。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)


2015/02/06 更新