DVI のシングルリンクとデュアルリンクの違い

違いは対応する解像度にあり

DVI(Digital Visula Interface)には、シングルリンクとデュアルリンクがあります。

どちらも映像データをデジタル信号で送れますが、対応する最大解像度に違いがあります。

シングルリンクは、解像度 1920×1200 まで対応しており、デュアルリンクは、解像度 3840×2400 まで対応しています。

ただし、解像度 3840×2400 だと、リフレッシュレートが 33Hz となります。つまり、リフレッシュレートを低くして、対応可能な解像度を大きくしています。

リフレッシュレートは、1秒間に画面を書き換える回数であり、1Hz だと1秒間に1回になります。リフレッシュレートが低いと、ちらつきを感じるようになります。

リフレッシュレートが 33Hz でも、見る人によっては、ちらつきを感じにくいですが、人間の目ではリフレッシュレートは 60Hz 以上あるのが望ましいので、リフレッシュレートが 60Hz の場合に対応する最大解像度 2560×1600 が、デュアルリンクが対応する最大解像度だと一般的に認識されています。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「ゴールデンウィークセール」を実施中です。すぐ届く即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新生活応援セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさんです。
(4月26日迄)


2015/02/06 更新