CDMA2000 に含まれる通信規格

多数の通信規格を含む CDMA2000

携帯電話、スマートフォン等のモバイル端末で使われる通信規格 CDMA2000 には、多数の通信規格が含まれています。

どれも似たような名称であり、別の呼び方も多いため整理して把握しにくいですが、CDMA2000 に含まれる通信規格が発展していった流れを見ていけば、整理して把握しやすくなります。

各通信規格について

CDMA2000 1x

CDMA2000 1x は、CDMA2000 の中に含まれている通信規格です。CDMA2000 は、複数の帯域を同時に使用して通信を行う通信規格ですが、CDMA2000 1x は1つの帯域を使用して通信します。そのため、CDMA2000 1x は、CDMA2000 の複数帯域を使わない版と言えます。

CDMA2000 3x

CDMA2000 3x は、CDMA2000 の中に含まれている通信規格です。CDMA2000 3x は、複数の帯域を使用して通信します。CDMA2000 1x では、1.25MHz の帯域を1本使用しますが、CDMA2000 3x では 1.25MHz の帯域を3本使用します。

CDMA2000 1x EV-DO

CDMA2000 1x EV-DO は、CDMA2000 の中に含まれている通信規格であり、CDMA2000 1x から発展した通信規格です。EV は、Evolution の頭2文字であり進化を意味します。DO は、Data Only の略であり、データ通信のみであり音声通信はしない事を意味します。

後に CDMA2000 1x EV-DO から発展した CDMA2000 1x EV-DO Rev.A が登場しますが、この通信規格と区別しやすいよう CDMA2000 1x EV-DO は CDMA2000 1x EV-DO Rev.0 と呼ばれる場合があります。

CDMA2000 1x EV-DO Rev.A

CDMA2000 1x EV-DO Rev.A は、CDMA2000 の中に含まれている通信規格であり、CDMA2000 1x EV-DO から発展した通信規格です。CDMA2000 1x EV-DO よりも通信速度が向上しており、新たにマルチキャストと QoS(Quality of Service)に対応しています。

CDMA2000 1x EV-DO Rev.B

CDMA2000 1x EV-DO Rev.B は、CDMA2000 の中に含まれている通信規格であり、CDMA2000 1x EV-DO Rev.A から発展した通信規格です。

CDMA2000 1x EV-DO Rev.A よりも通信速度が向上しています。CDMA2000 1x EV-DO Rev.B は、主に複数の帯域を使用する事で通信速度を向上させており、最大15本の帯域を同時に使用して通信を行えます。

そのため、CDMA2000 1x EV-DO Rev.B は、Nx EV-DO と呼ばれる場合があります。Nx は、N(1〜15)本の帯域を使用する事を意味します。

複数の帯域を使用するのに 1x が含まれている事に違和感を感じるかもしれませんが、恐らく CDMA2000 1x→CDMA2000 1x EV-DO→CDMA2000 1x EV-DO Rev.A→CDMA2000 1x EV-DO Rev.B と発展してきた事が分かるようにするためだと思われます。

CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A

CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A は、CDMA2000 の中に含まれている通信規格であり、CDMA2000 1x EV-DO Rev.A から発展した通信規格です。MC は、Multi Carrier の略であり、複数の帯域を使用する事を意味します。

CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A は、3本の帯域を同時に使用して通信を行う事で、通信速度を向上させています。

CDMA2000 1x EV-DO Rev.A から発展した CDMA2000 1x EV-DO Rev.B もマルチキャリアで通信速度を向上させていますが、他の技術も取り入れて通信速度を向上させています。CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A では、マルチキャリアのみで通信速度を向上させています。

CDMA2000 1x EV-DO Rev.A の3本の帯域を使用する版と考えれば、CDMA2000 3x EV-DO Rev.A という名称でも良さそうですが、恐らく CDMA2000 1x→CDMA2000 1x EV-DO→CDMA2000 1x EV-DO Rev.A→CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A と発展してきた事が分かるようにするため、CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A という名称になったと思われます。

CDMA2000 1x EV-DO Advanced

CDMA2000 1x EV-DO Advanced は、CDMA2000 の中に含まれている通信規格であり、CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A から発展した通信規格です。CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A よりも通信速度が向上しており、新たにスマートネットワークに対応しています。

スマートネットワークとは、基地局の混雑状況を監視し、混雑している基地局に接続しているモバイル端末を、混雑していない別の近くの基地局に接続させる技術です。

モバイル端末は、混雑している基地局に接続していると通信速度が落ちますが、混雑していない基地局に接続する事で、落ちた通信速度が回復します。

日本国内では、スマートネットワークのみ導入される事になりましたので、CDMA2000 1x EV-DO Advanced は CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A にスマートネットワークが加わった通信規格である事を表している場合が多いです。

CDMA2000 に含まれる通信規格の発展の流れ

CDMA2000 1x CDMA2000 3x
(CDMA2000 3x から発展した通信規格はなし)
CDMA2000 1x EV-DO
CDMA2000 1x EV-DO Rev.A
CDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.A CDMA2000 1x EV-DO Rev.B
(CDMA2000 1x EV-DO Rev.B から発展した通信規格はなし)
CDMA2000 1x EV-DO Advanced


2016/01/30 更新