CPU の性能はブランド名でほぼ決まる

選ぶ時は、CPU のブランド名と性能との関係を知っておく必要あり

選ぶ CPU メーカーを、インテル社、または AMD 社に決まったとしても、各メーカーの CPU には、デスクトップパソコン用に限っても、数種類存在します。CPU は、性能の高さに応じてブランド名が付けられていると言ってもいいくらいで、CPU のブランド名を選択すると、ほぼ自動的に性能も決まります。ただし、同じブランド名の CPU でも、クロック周波数などの違いにより性能に違いが生じますが、大差は出ません。

よって、どの CPU のメーカーを選ぶか決まったら、次は各メーカーの CPU ブランド名を選ばなければなりません。ブランド名は、性能の違いによって大体分かれていると判断しても問題ありませんので、自分のパソコン使用目的に適したブランド名を選びたいです。

パソコン自体の性能に相応しい CPU は、既に選ばれている

パソコンメーカーやパソコンショップは、パソコンの性能の高さに応じて、モデルを分けて販売しています。例えば、高い性能のパソコンであれば、ハイスペックモデルとして販売しています。

パソコンの性能の高さは、CPU の性能の高さでほぼ決まるため、ハイスペックモデルであれば、性能の高い CPU が搭載されています。つまり、パソコンを選ぶ時は、必ずしも搭載されている CPU に注目して選ぶ必要は無く、CPU から選ばなくても大丈夫です。つまり、ハイスペックモデルとして販売されているパソコンであれば、性能の高い CPU が搭載されているので、どの CPU が性能が高いのか、考えて選ぶ必要はあまりありません。

しかし、どの CPU がどの程度の性能なのか把握しておく必要があります。その理由は、パソコンメーカーやパソコンショップによって、どの程度の性能をハイスペックモデルと呼ぶかなど、性能の基準が違うからです。

また、パソコンの価格が高いほど性能が高いのは事実ですが、パソコンメーカーやパソコンショップによっては、本体価格が高いが、性能が低い CPU を搭載している場合もあります。これは、CPU 以外のところにコストがかかっている事などの理由があります。

よって、パソコン本体価格が高めだから、高性能な CPU を搭載しているだろうと判断して購入したら、性能が低い CPU が搭載されていてスペックに不満を持ってしまったというような事が起こりえます。 購入直前でも良いので、パソコンに搭載されている CPU を見て、自分にとって必要な性能があるのか確認する事が大事です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集」を実施中です。軽量モバイルノート、大容量高速SSD搭載ノートも10万円以内で購入可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「夏のボーナスセール」を実施中です。直ぐに使える即納モデルが最大17%オフクーポンで今ならお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「ボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、ゲーミングPCを怒涛の大特価で一挙放出中です。
(6月28日迄)


2013/11/14 更新