アドレスバス、コントロールバス、データバスの違い

アドレスバスはアドレスの指定、コントロールバスは制御、データバスはデータ転送に利用するバス

パソコンには、様々な PC パーツが搭載されており、各 PC パーツは信号線により接続されています。その信号線を、バスと呼びます。

バスには様々な種類がありますが、アドレスバス、コントロールバス、データバスの3種類が基本的なバスです。

あらゆる PC パーツとの接続を考慮すると複雑になってしまうため、ここでは CPU とメインメモリーに絞り、CPU とメインメモリーとの間でデータをやり取りすることを考えます。

CPU とメインメモリーは、アドレスバス、コントロールバス、データバスの3つで接続されており、アドレスバスはメインメモリーのアドレスを指定する時に利用するバスです。

メインメモリーのアドレスとは、メインメモリーにとってデータの住所のようなものです。

CPU は、メインメモリーからデータを読み出すなら、読み出したいデータがあるアドレスを指定する必要があり、データを書き出すならデータを書き込む先となるアドレスを指定する必要があります。

そのために利用するのが、アドレスバスです。

コントロールバスは、メインメモリーを制御するために利用するバスです。

CPU がメインメモリーに対しアドレスを指定するだけでは、CPU はデータを読み出したいのか、それともデータを書き出したいのか、メインメモリーは判断できません。

そこで、CPU はコントロールバスを利用して、メインメモリーに対しデータを読み出すのか、データを書き込むのか指示します。

データバスは、データを転送するために利用するバスです。

CPU がメインメモリーに対しアドレスを指定し、データの読み出しを指示すれば、後はメインメモリーから指定のアドレスにあるデータを CPU へ転送するだけであり、そのデータの転送にデータバスを利用します。データの書き込みに関しても同様です。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。一部のモデルのみですが期間限定で最大60,000円OFFです。
(11月20日迄)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「PRE-BLACK FRIDAYセール」を実施中です。Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Offです。
(セール実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「最大20%還元 冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(11月28日迄)


2019/03/20 更新