液晶パネルに使われる IGZO とは

IGZO とは

IGZO(イグゾー)は、シャープが世界で初めて量産化に成功した酸化物半導体です。In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)で構成されており、それぞれの頭文字を取って IGZO と呼ばれます。

IGZO については、シャープのサイトIGZOテクノロジーのご紹介:シャープにて詳しく解説されていますが、IGZO より前に使われてきた半導体ではできなった事を実現する可能性を秘めています。既に液晶パネルに IGZO が使われており、高精細化、低消費電力化、タッチパネルの超高感度化の実現に成功しています。

IGZO が使われた液晶パネルは、スマートフォンやタブレット端末でよく見られ、低消費電力化のおかげによる長いバッテリー駆動時間、タッチパネルの超高感度化による高精度なタッチ操作の実現に貢献しています。

IGZO は、液晶パネル以外への応用も可能で、研究開発が続けられており、液晶パネル以外の製品での実用化が期待されています。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「SSDアップグレードキャンペーン!!」を実施中です。さらにパソコンを快適に使えるようになるSSDカスタマイズが5,800円から可能です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「新春大セール」を実施中です。年末年始特別モデル販売中の他、最大17%オフクーポンでさらにお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「新春初売セール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典が目白押しです。
(1月11日迄)

液晶モニター関連

2014/04/08 更新