Pentium D のプロセッサー・ナンバーの見方

Pentium D のプロセッサー・ナンバー

Pentium D は、2005年に発売が開始された CPU のブランド名です。ブランド名に含まれている D は、Dual Core の頭文字であり、Pentium D はデュアルコアの CPU です。

Pentium D は、開発コードネームで分類すると整理しやすいため、以降は開発コードネームで分けて記載します。

開発コードネーム Smithfield(発売時期 2005年)

Smithfield の Pentium D のプロセッサー・ナンバーは、「3桁の数字」で表されます。

例えば、Intel Pentium D Processor 805 のプロセッサー・ナンバーは、「805」です。

4桁の数字の上1桁目はシリーズを表し、同じ数字の製品であれば同じシリーズに属します。Smithfield の Pentium D では、4桁の数字の上1桁目は8です。また、Smithfield の Pentium D の製品を全てまとめて、Pentium D 800 シリーズ、または Pentium D 8xx シリーズと呼ばれます。

4桁の数字の上2桁目は、大きいほど性能が高い事を表します。

4桁の数字の上3桁目は、0か5となります。4桁の数字の上3桁目が5となる製品は Pentium D 805 のみです。Pentium D 805 は FSB が 800MHz から、533MHz に下げられている製品で、Smithfield の Pentium D の廉価版と言える製品です。

開発コードネーム Presler(発売時期 2006年)

Presler の Pentium D のプロセッサー・ナンバーは、「3桁の数字」で表されます。

例えば、Intel Pentium D Processor 915 のプロセッサー・ナンバーは、「915」です。

4桁の数字の上1桁目はシリーズを表し、同じ数字の製品であれば同じシリーズに属します。Presler の Pentium D では、4桁の数字の上1桁目は9です。また、Presler の Pentium D の製品を全てまとめて、Pentium D 900 シリーズ、または Pentium D 9xx シリーズと呼ばれます。

4桁の数字の上2桁目は、大きいほど性能が高い事を表します。

4桁の数字の上3桁目は、0か5となります。4桁の数字の上3桁目が0となる製品はインテル バーチャライゼーション・テクノロジー(VT-x)に対応しており、4桁の数字の上3桁目が5となる製品は、インテル バーチャライゼーション・テクノロジー(VT-x)に対応していません。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「冬のボーナス特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。人気のDell Gなどプレミアムノートブックが最大17%オフクーポンでお得です。
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「冬のボーナスセール」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(12月13日迄)

Pentium D 関連

2017/06/26 更新
Pentium D 関連



デル株式会社

Core M シリーズ関連

Core i シリーズ関連

Celeron 関連

Atom 関連

AMD 製 CPU 関連