Core M シリーズのプロセッサー・ナンバーの見方

Core M シリーズ

Core M シリーズのプロセッサー・ナンバーは、「M」+「-」+「1桁の数字」+「サフィックス」+「2桁の数字」+「a,c」で表されます。

Core M シリーズは、タブレット PC や 2 in 1 ノートパソコン(ハイブリッド PC)等のモバイルパソコンに特化されていますので、「M」は Mobile の M と思われます。

「-」は区切り文字であり、ショップによっては「-」の代わりにスペースを使っているところもあります。

Core M シリーズのマイクロアーキテクチャは Broadwell ですが、同マイクロアーキテクチャの CPU には Core i シリーズ第5世代も存在し、Core i7-5500U 等のように「-」に続く数字は5であり、第5世代である事を表します。

これに合わせて Core M シリーズも、「-」に続く数字は5にしたと思われます。Core M シリーズは、マイクロアーキテクチャは Broadwell から登場したので、Core M シリーズとしては第1世代ですが、Core i シリーズ第5世代と同じマイクロアーキテクチャは Broadwell である事を分かりやすくするため、5にしたと思われます。

マイクロアーキテクチャ Broadwell の CPU には、Pentium や Celeron もあり、こちらでは Core i シリーズ第5世代に合わせて数字の先頭を5にはしていませんが、Core M シリーズ は Core i シリーズとブランド名が似ており、Core i シリーズ第5世代に合わせないと別世代の Core i シリーズのマイクロアーキテクチャの CPU と誤解される可能性が高いため、Core i シリーズ第5世代に合わせていると思われます。

「サフィックス」は、製品の特徴を表します。基本的に「サフィックス」は最も後ろに付きますが、Core M シリーズでは数字の間に入っています。Core i シリーズ第5世代とは別ブランドである事を分かりやすくするために、「サフィックス」の位置が変わっていると思われます。もし、Core i シリーズ第5世代と同様に最も後ろに「サフィックス」が付いていたら、M と i の違いを見落とすと Core i シリーズ第5世代であると誤解してしまう恐れがあります。

「サフィックス」は、標準的な製品とは異なる特徴を持っている製品に付けられますが、2015年1月16日時点では Core M シリーズの全ての製品に以下のサフィックスが付いています。
Y
極低消費電力プロセッサー。
「2桁の数字」は、数字が大きいほど機能と性能に優れている事を表しますが、必ずしも数字が大きい順に優れているとは限りません。「2桁の数字」は目安とし、どのような機能と性能を持つのかは、製品の仕様を確認して比較する必要があります。

「a,c」は、一部の製品に付き、仕様が若干異なる事を表します。2015年1月16日時点では Core M-5Y10、Core M-5Y10a、Core M-5Y10c にて「a,c」が付きます。

仕様の違いについてですが、Core M-5Y10a と Core M-5Y10c は、Core M-5Y10 と違って TDP を 3.5W まで下げて設定できます。Core M-5Y10 は 4W まで下げられます。

他に、Core M-5Y10c は、グラフィックス定格周波数が 300MHz、Core M-5Y10 と Core M-5Y10a は 100MHz という違いもあります。

キャンペーン
マウスコンピューター
安さで勝負する数少ない国内パソコンメーカーのマウスコンピューターでは、「秋の売れ筋パソコン特集」を実施中です。PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です。
(キャンペーン実施中)
デル
いち早く直販とBTOカスタマイズでの販売方式で大幅なコスト削減を実現したデルでは、「オータムセール」を実施中です。新発売の2-in-1ノートブックなど高性能PCが最大17%オフクーポンでお得です。
(10月22日迄)
ドスパラ
長い歴史を持つ代表的なショップブランドのドスパラでは、「おかげさまで26周年 ドスパラ周年祭」を実施中です。ドスパラは元々安い価格で販売していますが、日ごろの感謝をこめて大特価放出中です。
(10月28日迄)

Core M シリーズ関連

2015/01/16 更新
Core M シリーズ関連



デル株式会社

Core i シリーズ関連

Pentium 関連

Celeron 関連

Atom 関連

AMD 製 CPU 関連